食事

副交感神経を優位にするには、腸の働きを高めることが効果的です。

食物繊維の多い野菜を積極的に摂って腸の働きを高めて自律神経のバランスを整えましょう。

肉や乳製品を減らして、できれば主食を玄米にするとよいでしょう。

玄米
玄米は炭水化物、たんぱく室、ビタミンB群、ミネラルなど必要な栄養素のほとんどを含んでいます。

玄米を主食にすれば、多くの食品を食べる必要はありません。

発酵食品
みそ、しょうゆ、納豆などの発酵食品は、腸内の細菌叢を良好に保ちます。

腸内も環境がよくなることで、自律神経のバランスも整ってきます。

食物繊維
食物繊維の多い食べ物をできるだけ摂るようにしてください。

消化しにくい食物繊維が多い食べ物を消化するため、腸の働きがよくなります。

腸の働きがよい状態は、副交感神経優位の状態です。海藻やキャベツ、ゴボウなどは多くの食物繊維を含んでいます。

酸っぱいもの
酸っぱいものを適度に摂りましょう。酸っぱいものは唾液や消化液の分泌を促します。

消化液の分泌がさかんな状態とは、副交感神経優位の状態です。梅干し、酢、レモンなどを少量摂りましょう。

よくかむ
食べ物をよく噛むことも大切です。よくかむことで、唾液の分泌を促すとともに食べ過ぎも防げます。

ただし、よくかむといっても、いつもトロトロになった状態にして飲み込むと、消化管が働かなくてもよくなってしまい、腸管免疫が低下します。

ほどほどにしましょう。また、やわらかい食べ物ばかりを摂っていると、咀嚼筋が発達しません。

固いものを適度に摂りましょう。