副腎と光の関係

光が眩しく感じるのは何故?

あなたは、やたらと光がまぶしく感じることはありませんか?

蛍光灯の光や、テレビ・パソコン、外に出るとまぶしいなどです。

なかには、夜間は自転車に乗れない方もいます。

通り過ぎる車のヘッドライトがまぶしすぎて、顔を上げられないのです。

これらは、ストレスで自律神経が乱れている時の症状の一つで、副腎の機能が低下している表れでもあるのです。

人間はストレスを感じると、負けないように副腎からストレスホルモンを分泌します。

ストレスホルモンは、ナトリウム(塩分)とカリウム(水分)のバランスを調整し、目の瞳孔の調節もしています。

ですから、ストレスが多く、ストレスホルモンの不足や栄養面(ミネラル)の問題で、ナトリウムとカリウムのバランスが乱れ、瞳孔が開きっぱなしの状態になってしまうのです。

瞳孔は目に入る光の量を調節しているので、通常は30秒もすると瞳孔が閉じてきてまぶしくなくなります。

逆に30秒以上たってもやたらまぶしく感じているときは、注意が必要です。

まず一番の対策は、照明の明るさを落としたり、サングラスをするなどして目から入る光の量を減らしましょう。

放っておくと目に悪いばかりか、更なるストレスになってしまいます。