副腎と光の関係 | 東西線「神楽坂」2番出口より徒歩4分。魁整体施術院

新宿区南山伏町1-18 ハイホーム市ヶ谷206 Tel.03-5579-8846

tel:03-5579-8846

副腎と光の関係

光が眩しく感じるのは何故?


あなたは、やたらと光がまぶしく感じることはありませんか?


蛍光灯の光や、テレビ・パソコン、外に出るとまぶしいなどです。

なかには、夜間は自転車に乗れない方もいます。

通り過ぎる車のヘッドライトがまぶしすぎて、顔を上げれないのです。


これらは、ストレスで自律神経が乱れている時の症状の一つで、副腎の機能が低下している表れでもあるのです。


人間はストレスを感じると、負けないように副腎からストレスホルモンを分泌します。

ストレスホルモンは、ナトリウム(塩分)とカリウム(水分)のバランスを調整し、目の瞳孔の調節もしています。


ですから、ストレスが多く、ストレスホルモンの不足や栄養面(ミネラル)の問題で、ナトリウムとカリウムのバランスが乱れ、瞳孔が開きっぱなしの状態になってしまうのです。


瞳孔は目に入る光の量を調節しているので、通常は30秒もすると瞳孔が閉じてきてまぶしくなくなります。

逆に30秒以上たってもやたらまぶしく感じているときは、注意が必要です。


まず一番の対策は、照明の明るさを落としたり、サングラスをするなどして目から入る光の量を減らしましょう。

放っておくと目に悪いばかりか、更なるストレスになってしまいます。


≪ 副腎とビタミンC | 副腎関連特集一覧 | 副腎疲労の方は脱水状態に加えて、「塩分不足」です。 ≫

関連ページ


活性酸素除去 エアナジー



↑ このページのトップへ戻る

トップページ(新宿区の整体院からあなたへ)  > 副腎関連特集 > 副腎と光の関係

*

今なら「ホームページを見た!」で初診料が無料!

院長プロフィール

活性酸素除去 エアナジー

メディア掲載情報

診療時間

午前9:00から午後7:10 ※土・日・祝祭日も診療します。

» ご予約・地図・料金

お問合せ

03-5579-8846

※院内は1人のため通常は留守番電話にしていますが、こちらで出られる際には3コール以内」を心掛けています。そのまま用件を録音して頂くか、着信履歴からの折り返しで宜しければ2コール以内」でお切りください。

QRコード

↑ PAGE TOP