心臓のドキドキ感・不整脈・胸のザワザワ感(焦燥感)

病院で検査を受けても特に異常なし。

器質的な問題はなくとも、自律神経との関係から、このような症状は起こります。

不整脈は、特に激しい運動をしなくても、急に心臓の鼓動が早く打つことがあります。

また「欠滞」といって、心臓の脈が一拍や二拍分ぐらい飛んでしまうこともあります。

さらに次の瞬間、激しく鼓動が打ちつける時もあります。

他にも自律神経失調症になると、なんとなく胸がざわざわ・ソワソワするような感じになったりします。

胸騒ぎというか焦燥感と表現したらいいのか、何とも言えない胸のざわめきが起こります。

これが同時に起こると、疲れているのに興奮してなかなか眠れない状態にもなります。

少し専門的になりますが、2つの要因が考えられます。

一つ目は神経です。

脳神経は12対あり、そのうちの一つ「迷走神経」というのがあります。

神経の出どころは、後頭部と首の境目あたりです。

働きは「心臓拍動の抑制」になります。

迷走神経は自律神経の副交感神経になりますので、働きが狂うと、心臓拍動の抑制が効かなくなるということになるのです。

この神経は心臓以外に、咽頭・喉頭・肺・食道・胃・小腸・大腸の始め・肝臓・すい臓・脾臓・腎臓にも行っているため、他の要因と重なれば、どの臓器に不都合が起きても不思議ではありません。

二つ目は「横隔膜」です。

胸とお腹を仕切っている膜状の筋肉です。

この筋肉と、心臓を包んでいる「心膜」はつながっているのです。

横隔膜は、通常の呼吸では上下運動をしています。

なのでこの動きが悪いという事は、例えると心膜を引っ張って、「どっくんドックン」というあの心臓の自由な動きを阻害していることになるのです。

動きを悪くさせる原因は、一、姿勢の悪さで呼吸が浅い一、緊張で呼吸を止める癖一、辛い溜め込んだ感情は水おち辺りを固くさせる等など。

心臓や胸に違和感を覚える際は、とにかく負担をかけないようにしましょう!

激しい運動は禁止です。

またお風呂に浸かると、水圧で血液が心臓に押し戻されるような力が加わりますので、症状を感じる時はシャワー・半身浴・足湯などで済ませるのが賢明です。

あと、急に寝転がったりすると、下半身の血液がドッと心臓に戻ろうとするので、そんな時は上半身を少し起こした状態で休むことをお勧めします。