魁整体施術院

for mobile

アイシング

施術をしていてよく質問を受けることがあります。
「冷やすといいんですか?それとも温めるの?」
ここでは、「冷やす」についてお話します。

「冷やす」には、熱をとるという観点から、冷水をかける・濡れタオルを当てる・氷や氷のうを当てるなどの手段がありますが、この場合は怪我による受傷直後、急性期に行うことがほとんどです。

怪我とは

によって、受傷部位に「熱感・痛み・腫れ・内出血を含む赤み」といった「炎症所見」が認められることを指します。
そんな時は、最長で3日間はアイシングをしましょう。
アイシングの目的箇所は、「血管・毛細血管」になります。

血管は、たくさんの窓を持った細胞の集まりです。患部に冷やすという刺激を与えることによって、その場所の血管は細く収縮します。
痛みを起こす物質・ブラジキニンはサイズが大きいため、収縮した血管を流通することができなくなるのです。
その結果、痛みが緩和することがわかっています。

人間の体は冷やせば温まろう、温度が上がれば冷やそうとする調整機能を持っています。
アイシングによる除痛後は、冷やしたことへの反発作用が働き、今度は血液が集まり血管が開いて血行が良くなるのです。
そして、老廃物や乳酸が浄化され、新陳代謝が促進されることで治っていきます。
張りや痛みというのは、熱を伴う部分的な風邪と考えるとわかりやすいでしょう。
冷やすことで熱を取り、炎症を抑え、その反発作用で低下した新陳代謝を復活させるのです。

アイシングの方法

  1. 意識として、なるべく骨・関節は避けて、炎症のある所の筋肉を冷やす。
  2. 中途半端な低温ではなく、氷・パック・保冷剤などを使い、0度以下の状態で行います。
  3. 時間は、個人差がありますが10分†20分。
    「最初チリチリとした痛みがあり、そのあとの感覚が麻痺するところまで」行います。

≪ 便秘の方が起きがけに先ずやる事 | 読書療法 | 湿布(冷・温)の基本 ≫


●メニュー



新宿区にある、自律神経失調症の整体・光療法・活性酸素除去療法を専門とした整体院 | 都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩3分。魁(かい)整体施術院

魁整体施術院