魁整体施術院

for mobile

便秘に効く食べ物 No.1

頑固な便秘も「緑茶と大根」で効果が期待できます。
「大根とお茶をとると医者はみな失業してしまう」ということわざがあるほどです。

中国では大根は、気を下げる作用や気をめぐらす作用をもつ食材として、また「十月紅人参」とも呼ばれ、朝鮮人参とならんで滋養効果のある食材でもあるのです。
この大根を、生で食べるようにすると整腸作用をもたらして、便通がスムーズになってきます。
生で食べるのであれば、どんな形でも構いません。
しかし、火を通してしまうと、気の作用を弱めてしまい効果は半減です。

次に緑茶ですが、これは大根を食べる時に一緒に緑茶を飲むことをお願いします。
ここがポイントです。
緑茶にも大根と同様、気を下げる作用や整腸作用があり、頑固な便秘にはさらなる効果が期待できるのです。
緑茶の飲み方ですが、お湯で煎じた暖かいものとしてください。
ペットボトルで販売しているものはそもそもNGです。
また、同じ茶なら「烏龍茶」というのもありますが、これもいけません。
烏龍茶はもともと下痢症状のための薬茶なので、便秘の方が飲むと逆効果になってしまいます。

兎にも角にも、便通異常はなく腹は万全、しかし自律神経失調症・うつという方は見たことがありません。
なにかしら便秘や下痢といったことを抱えています。
便通異常だから自律神経失調症なのか、うつだから便通異常なのかといった、卵が先かにわとりなのかといったことは横に置いておきます。

やはり、体の中身を変えるのは、栄養補給である食事です。
当たり前ですが、人の体は食べているもの以上の体にはなっていないはずですよね。
ですから「便秘は結果である。」と思っていただき、根本に取り組んでみてください。

≪ 便秘や冷え | 読書療法 | 便秘に効く食べ物 No.2 ≫


●メニュー



新宿区にある、自律神経失調症の整体・光療法・活性酸素除去療法を専門とした整体院 | 都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩3分。魁(かい)整体施術院

魁整体施術院