魁整体施術院

for mobile

腸は人体最大の免疫器官

腸は、小腸・大腸の2つから成り立つ器官です。
小腸は、消化と栄養分の吸収。大腸では、水分の吸収と便作り。そして直腸は、肛門へ便を送り出すなどの役目を担っています。
尚、排便の命令は脳から受けますが、それ以外の働きは腸が独自に行っています。
また、腸内では様々なホルモンの前段階の物質が作られています。
心の動きをコントロールする脳の中の神経伝達物質、注目の「セロトニン」「ドーパミン」はなんと90%以上が腸内で作られているのです。
それは、まるで脳のように働くため、腸は「第二の脳」とも言われていますが、昨今では「第一の脳」とも呼ばれ、その重要性が全ての健康に影響を及ぼしています。

加えて、腸は人体最大の免疫器官です。
免疫は「病気から身を守る生体防御の仕組み」と定義されていますが、その仕組みの一端を担う白血球(免疫細胞)の実に70%が小腸の内壁に集結していると言われています。
腸には食べ物とともに外部から様々な病原菌が侵入してくるため、こうした外敵を防御する強固な仕組みが必要になるのです。

腸管は、人体最大の免疫器官であると同時に、多数の免疫細胞が働く生体防御の最前線でもあり、そこに腸内細菌などが関与して病に強い体を作るのです。
従って、うつや自律神経失調症を改善させるには、腸内環境の整備がどうしても外せないのです。

≪ 病気は自然の摂理です | 読書療法 | 気管支喘息・アトピーも腸内環境で改善! ≫


●メニュー



新宿区にある、自律神経失調症の整体・光療法・活性酸素除去療法を専門とした整体院 | 都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩3分。魁(かい)整体施術院

魁整体施術院