魁整体施術院

for mobile

かぜは自律神経バランスのバロメータ

風邪をひきやすい人は注意が必要です。
四季のある日本では、季節によっても自律神経のバランスは変動します。なぜなら、自律神経は急激な気温や気圧の変化の影響を受けるからです。

バランスがよく健康な人でも、夏は副交感神経が優位になりやすく、冬は交感神経が優位になりやすい傾向があります。この変化には「血流」が関係しています。 寒いところで体が震えるのも、暑いところで汗が出るのも、自身が意識してコントロールしていることではありません。自律神経がコントロールしている反応なのです。
秋から冬にかけて気温が下がってくると、寒さを感じた体は体温を上げるために血流を増やそうと、交感神経を優位にして血圧を上げます。 実は、この反応が季節の移り変わりに風邪やインフルエンザにかかる人が増える理由なのです。

そもそも、交感神経が優位になると血液の白血球成分の「顆粒球」が増えて「リンパ球」は減ります。副交感神経が優位になるとそれは逆転します。
そして、この季節に自律神経のバランスを崩している人は、顆粒球は増えますが「リンパ球」が減りすぎてしまうのです。この「リンパ球の大幅な減少」がウイルスや細菌への抵抗力を下げてしまうので、風邪やインフルエンザ等感染症が発症しやすくなるのです。

現代人の自律神経のバランスの崩れ方としては、交感神経が過剰に優位になるケースがほとんどなのです。気温にしても気圧にしても、急激な変化が起きるとその変化に自律神経が対応しきれなくなり、通常に交感神経・副交感神経が高い時よりも病気を発症しやすくなってしまうのです。「全くの健康な人でも、季節に順応するには2週間ほど要する。」と言われています。

ですから、季節の変わり目を元気に乗り切るためにも、普段から自律神経のバランスを整える習慣を身につけることがとても大切なのです。

≪ パソコンでこの筋肉が危ない! | 読書療法 | 病気は血液が治しています ≫


●メニュー



新宿区にある、自律神経失調症の整体・光療法・活性酸素除去療法を専門とした整体院 | 都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩3分。魁(かい)整体施術院

魁整体施術院