魁整体施術院

for mobile

患者さんの行う自律心体療法

患者さんの行う自律心体療法

患者さんで行うことができる自律心体療法をまとめました。是非お試しください。


爪もみ

爪もみは手の親指、人差し指、中指、小指の爪の生え際を押しもみすることで効果的に自律神経のバランスを調整できる優れた健康法です。


手足の爪の生え際には、東洋医学の井穴(せいけつ)という治療点があります。神経線維の密集している場所で、動脈と静脈がつながる吻合部でもあります。


交感神経の緊張状態にあるときに、これらの指の爪の生え際をもんで刺激をすると、反射的に副交感神経が緊張し交感神経がほぐれるのです。


自律神経が交感神経から副交感神経に切り替わるということは、血液循環が促されるということです。

実際爪もみを行っていると手がポカポカと暖かくなってきます。これこそが血流がよくなっている証拠であり、自律神経が調整されているということになります。


結果的にあらゆる病・症状が快方に向かっていくのです。


薬指だけは逆に副交感神経優位の状態にある自律神経が交感神経へと導かれます。


爪もみは、親指から小指まで5本の指に行ってください。

現在、薬指を除く4本の指で行っていて調子がいい場合は4本の指でけっこうです。

刺激したい指を、反対の手の親指と人指し指で、刺激したい指の井穴の部分が当たるようにはさみ、刺激してください。


あるいは、人差し指と中指の第1関節と第2関節の間にある骨を使って、指を曲げた状態でやるのもいいでしょう。

はさんだ状態で、クルクル回すのもいいですし、ギューと押し続けてもけっこうです。ギュッギュッと力を入れたり緩めたりするやり方でもいいでしょう。


1本の指に10秒以上は行いましょう。1日に3回程度を目安に行ってください。

足の指も同様に刺激すると、さらに効果が上がります。


症状別のやり方
自分が治したい症状・病に対応する指は、20秒ずつ刺激するとよいでしょう。


親指 ガン、アトピー性皮膚炎、せき、ぜんそく、リウマチ、ドライマウスなど
人差し指 胃・十二指腸潰瘍、胃弱、潰瘍性大腸炎など
中指 耳鳴り・難聴など
小指 更年期障害、自律神経失調症、不安神経症、パニック障害、うつ状態、物忘れ、不眠、肩こり、腰痛、頭痛、手足のシビレ、高血圧、糖尿病、動悸、生理痛など

[画像]


» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

食事

副交感神経を優位にするには、腸の働きを高めることが効果的です。

食物繊維の多い野菜を積極的に摂って腸の働きを高めて自律神経のバランスを整えましょう。

肉や乳製品を減らして、できれば主食を玄米にするとよいでしょう。


玄米
玄米は炭水化物、たんぱく室、ビタミンB群、ミネラルなど必要な栄養素のほとんどを含んでいます。玄米を主食にすれば、多くの食品を食べる必要はありません。
発酵食品
みそ、しょうゆ、納豆などの発酵食品は、腸内の細菌叢を良好に保ちます。腸内も環境がよくなることで、自律神経のバランスも整ってきます。
食物繊維
食物繊維の多い食べ物をできるだけ摂るようにしてください。消化しにくい食物繊維が多い食べ物を消化するため、腸の働きがよくなります。腸の働きがよい状態は、副交感神経優位の状態です。海藻やキャベツ、ゴボウなどは多くの食物繊維を含んでいます。
酸っぱいもの
酸っぱいものを適度に摂りましょう。酸っぱいものは唾液や消化液の分泌を促します。消化液の分泌がさかんな状態とは、副交感神経優位の状態です。梅干し、酢、レモンなどを少量摂りましょう。
よくかむ
食べ物をよく噛むことも大切です。よくかむことで、唾液の分泌を促すとともに食べ過ぎも防げます。ただし、よくかむといっても、いつもトロトロになった状態にして飲み込むと、消化管が働かなくてもよくなってしまい、腸管免疫が低下します。ほどほどにしましょう。また、やわらかい食べ物ばかりを摂っていると、咀嚼筋が発達しません。固いものを適度に摂りましょう。

» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

運動

過度の運動は交感神経を刺激しますが、適度な運動は副交感神経を優位にします。

ウォーキングやラジオ体操など、できるだけ体を動かしましょう。


自律神経は習慣的な動きをしますので、継続できる事が重要です。

ポイントは楽しみながら」です。


ウォーキング
無理をせず、できれば毎日歩くようにして下さい。ただし、天候の悪い時や体調の悪いときなど、無理をせずお休みしてもかまいません。30分程度でけっこうです。
ラジオ体操
ラジオ体操は、左右全身の筋肉を動かすように考案されています。わずか10分で全身の筋肉を動かすことができます。できれば、早起きして朝に行うようにして下さい。
乾布摩擦
乾布摩擦は、自律神経のバランスを整えることがわかっています。子供には、親がしてあげるといいでしょう。

» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

温熱療法

温熱療法といっても、お風呂に入る、湯たんぽカイロを使う、外出の際には温かい服装を心がければよいのです。


交感神経優位の人は、おしなべて体温が低くなっています。血管が収縮して血流が悪くなり(虚血)、体温が低くなっています。


起床時の体温が36℃未満の方が多く、なかには34℃台の方もいます。

体を温めて、起床時の体温が36.5℃に近づくようになると良好です。


副交感神経優位の人は、血管が拡張していて体温が高いのですが、運動不足が続くと筋肉量が減ります。


筋肉の発熱が少なくなるとやがて低体温となります。

適度な運動を心がけてください。


※身体の再生に対しての効果もある「湯治(とうじ)とHSP(ヒートショックプロテイン)」についてのページもありますので是非ご覧ください。


お風呂
38†40℃くらいのお湯にゆったりとつかってみてください。みぞおちから下をつける半身浴でも肩までしっかりとつかる全身浴でもけっこうです。のぼせるようでは困りますが、10分以上は浴槽につかってください。40℃を超えるお湯につかっていると、血栓ができやすくなるというデータがあります。あまり熱いお風呂はお勧めできません。お風呂に入る時間がなければ、膝から下までをお湯につける「足湯」も全身をポカポカに温めます。さらに温泉だと体が温まります。特に、二酸化炭素が多く溶け込んだ「炭酸泉」がお勧めです。もちろん、入浴剤やアロマオイル、柑橘類の皮など、気に入ったものを入れるのもよいでしょう。
湯たんぽ
湯たんぽは、熱量が大きく体を温めるのに適しています。冬場だけでなく、体が冷えている方は春や秋にも使ってください。冷えが強い方は夏場もお使いください。また、夜間だけでなく、できれば四六時中使ってください。当然のことですが、体温以下に冷めた湯たんぽは反対に熱を奪うので、体温以下に冷めたものは使わないようにしてください。
カイロ
湯たんぽは仕事中や外出先では使いにくいので、カイロを使うとよいでしょう。環境のことを考えると、できれば使い捨てのものではなく、白金カイロのように繰り返して使えるものがお勧めです。蒸気が出る温湿布も市販されているので、それもお勧めです。
防寒
直接熱を加えるわけではありませんが、外出の際には今までよりも1枚重ね着するなどして、冷えに注意して下さい。手袋や帽子、マフラーなども冷えを防ぎます。下着も長いズボンや長そでにするなどして、素材も厚手のものや熱を逃がしにくいものにしてください。絹もお勧めです。靴下を何枚か重ねて履くのもいいでしょう。腹巻きも有効です。特に下半身が冷えないように注意して下さい。

» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

生活の見直し

この項目がいちばん大切です。


先天的なものは別ですが、生活習慣病は無理を重ねてきた結果として生じているものです。

今までの生き方に無理がなかったかどうか、自分の生活を振り返ってください。


けして、運が悪かったから病になったわけではありません。

病気は生き方を振り返って改めるチャンスでもあるのです。


ストレス
ストレスは4つに分類することができるのですが、血流障害が起こる大きな原因は精神的なストレスです。人間関係の悩み、仕事の悩み、育児や介護の悩みなどが続く事で交感神経緊張状態が持続し、血管が収縮して血流が悪くなって病気が生じてくるのです。
ストレスの解消法
ストレスの原因となっている人間関係の悩みや仕事の悩み、育児・介護の悩みは、根本的に解決するのは非常に難しいと思います。解決ではなく、解消する道を考えましょう。また、何がストレスになっているのかを知ることで、少しでも軽減することはできます。知ることにより解消されます。不安もかなり解消されます。軽減できない場合でも、上手に対処すればストレスの発散もできるでしょう。なんでもうまくやろうと思うと、体も心も疲れるものです。たまには手抜きをしてください。「明日できる仕事は、今日はやらない」と決めて残業をしなかったり、月に1日は介護を専門家に頼んで映画を観に行くとか、たまには家事をさぼる日を設けたりしてください。気分転換になることでしたら、なんでもけっこうです。いつもいい母親(父親)、いい妻(夫)、いい子供、いい上司(部下)では気が休まりません。
笑い
笑いが副交感神経を優位にすることは、医師によって証明されています。寄席の前と後で血糖値を測定すると、寄席の後では数値が下がったというデータもあります。笑いによってリウマチの痛みが軽減するという報告もあります。思い切り笑ってください。
泣く
笑いと同様、泣くことも副交感神経を優位にします。
考え方の転換
責任感が強く、まじめで、心配症な方ほどストレスによって交感神経優位の状態になりやすいといえます。先程のストレス解消法でも触れましたが、たまには手を抜きましょう。なんでも完璧・完全にとか、私がやらなければ、という気持ちを持ち続けるのはストレスになります。疲れを感じたときには、私がやらなくてもなんとかなるさ、明日やればいいさ、という気持ちで周囲に仕事を任せて下さい。

» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

簡単なイライラ解消法

元気がなく落ち込んでいるときの状態を想像してください。

首はうなだれ、背中は丸まっていると思います。


ひとは、首や背中に限らず、状態が悪くなってくるとすべての箇所で丸まる方向に向かってしまいます。


あなたは手のひらを思い切り広げてみたりすることがありますか?


毎日重いカバンを握り、通勤電車のつり革を握り、上司に叱られ怒りで拳を握り、オフィスでは一日の大半をパソコンで終始し、握ることはあっても指先を伸ばすような運動はあまりしていないことと思います。


曲げたら伸ばす、両方の運動をしてこそバランスが取れるというものです。

バランスが崩れると柔軟性を失い固まってしまいます。


腕や手というのは、その人の「」が表面化したものです。


腕・手は精神、理性であります。

その人の精神世界をよく現すものです。


手首・足首と、首と名のつくところは精神的な緊張状態が無意識のうちに入り、力が抜けなくなるところでもあります。


特に手首は、頭の緊張状態と密接であるので、可動性がある程度保たれ、柔軟な手首である方が健康に良いと言えます。


やり方はいたって簡単です!

手の開閉運動とストレッチです。


回数をこなすのではなく、時間も長ければ良いというものではありません。


大切なのは意識です。

一つ一つ、一回一回を丁寧に、集中力が続くところまでで結構です。

感覚で構いません。


だらだらと100回やるよりも、きっちり10回やることのほうが効果は高いです!


[画像開閉運動
[画像]
1.「開閉運動グー」 → 2.「開閉運動パー」
[画像指ストレッチ
[画像]
1.「指ストレッチグー」 → 2.「指ストレッチパー」
[画像手首関節ストレッチ
[画像]
1.「右曲げる」 → 2.「右伸ばす」 → 3.「右内ひねり」 → 4.「右外ひねり」 → 5.「左伸ばす」 → 6.「左曲げる」 → 7.「左外ひねり」 → 8.「左内ひねり」
[画像右前腕筋肉ストレッチ
[画像]
1.「右前腕筋肉ストレッチ」
[画像左前腕筋肉ストレッチ
[画像]
1.「左前腕筋肉ストレッチ」

» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

つらい時こそ上を向いて歩こう!

肩を落とし、背中を丸めて歩く姿は決して美しいとは言えませんね!

むしろ極めて非健康的な印象を受けてしまいます。


食欲がない、元気がないといった自律神経失調症に見られる症状も、前かがみの悪い姿勢に起因していることがあります。


そこで、姿勢のチェック法ですが、直立した時に耳・肩・骨盤・ひざ・足首の真ん中が、横から見て結んだ線が真っすぐか、もしくは後ろに反っている場合は問題なく、前に傾いているようなら要注意です。


スポーツをしていて、ミスをすると落ち込んで、うつ向きかげんになる人がいますが、そんな時こそ姿勢を正すようにすると状況はまた変わってきます。

良い状況を自ら作っていくのです。


その際、加えて目線を上に持ってくるとさらに感じが変わってきます。


ひとは、何か考え事をしている時必ず下を向いているものです。

今まで、それでいいアイデアが生まれたでしょうか?


ここで少し実験してみましょう!


今抱えている嫌な事柄を考えながら、目線を下に、上にと向けてみましょう。

不思議と何か感じが違うことを体験出来たと思います。


これで全てが解決するわけではありませんが、すこしでもさわやかな感覚と、「まぁいいかぁ†」みたいな気持ちになります。


そして、目線を水平より約20度上方にすると、α波が出やすいことがわかっています。

α波が出た状態とは、何かに没頭しているときや、心が落ち着いている時の思考・集中・瞑想状態です。


集中力が増し記憶を引き出しやすくするのです。

また、潜在意識にアクセスされるので、潜在能力を発揮しやすくなります!


やはり、ベストの状態からベストな答えが出ていると思うのです。


「病は気から」ということもありますが、「病は姿勢から」ということも十二分に考えられますので、自身の体調や調子が今ひとつという方は、こまめに姿勢のチェックをしてみてください!


» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

「アシュネル反射」でリラックス!

仕事でもスポーツ競技でも、過度な緊張状態では思う結果が出ないことをみなさん知っています。


気持ちを落ち着かせるための、リラックスを試みるがうまくいかなかったという方に、「アシュネル反射」(眼球心臓反射)と呼ばれる自律神経調整法をお試し下さい。


目の前で、手を「パ†ン」と叩くと目をつぶりますね!

これは人間の体に備わった反射の一つで、アシュネル反射はそれを逆に利用したものです。


まず、椅子に腰掛け大きく数回深呼吸します。


そのあと、目を閉じ両眼球をまぶたの上から指先で数十秒間、触るか触らないか、それともぽっと指先があたる程度の軽い圧迫をします。


これを2・3回続け、心臓等に問題のない方であれば、それだけで脈拍は落ち着いてくるはずです。


[画像]


プレッシャーで緊張した時など、試してみる価値は十分にあります! 決してギュウ†と強い力での圧迫は避けてくださいね!


» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

上あごを舌先で刺激すると...

急に胃が痛くなったりムカムカしたりすると、すぐ胃薬や鎮痛剤を服用してしまう方はとても多いですね。


それでも症状がよくならず、病院で診てもらうと「自律神経失調症」なる病名をつけられて、ますます薬付になっていくケースが少なくありません。


自律神経とは、私たち自身でコントロールできない不随意神経であり、支障をきたすと体の色々なところに問題が出てきます。


薬を飲んでも良くならず、ストレス社会で急増する症状なのです。


このような胃に関わる症状には、口の中の上あごを舌先で刺激することをお勧めします!


上あごの中ほどには、自律神経の大事な「ツボ」があり、食物を摂る際に舌がこの部分を触れないと飲み込めないようになっています。


それによってだ液の分泌も促してくれます。

だ液には消化を助けるだけでなく、内臓の保護、抗菌作用の他発がん性物質の発がん作用を弱める働きもあります。


また、サラサラのだ液がたくさん出ている状態とは、自律神経の状態も良好といえ副交感神経がしっかり働いている証拠になります。

胃腸の働きは、副交感神経によって支配されています。


このように、万能薬的なだ液を、古来より東洋医学では「神液」と呼び、健康のための重要な要素とみなしてきました。


» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

お釈迦様腹式呼吸で自律神経をコントロール!

世の中には、色々なやり方の呼吸法があります。

人間がしっかり考え込んで考案したものですから、どれも効果はあります。


しかし、同じことを続けていると、飽きてしまうという部分もあります。

気持ちの清らかさも求められる方は、お試し下さい。


仏教の教えをうちたてたお釈迦様は、「三呼一吸」という呼吸法を説いています。


これは字のごとく"ハッハッハ†††"と三回で息を吐ききったら一回吸う。

吐く息は出来るだけ長く、吸う息は自然にもしくは短く、という呼吸です。


ポイントは、三回目の"ハ†††"で全てを吐き切ります。


そして、そのまま軽く息を止めるのです。


「少し苦しい」「息を吸いたい!」と感じたところで息を吸うと、とても効果的です。

これは、血液中の二酸化炭素を増やすことが目的です。


すると脳内のセロトニンが、ぐんと増えることがわかっています。


現在、うつ病の薬はこのセロトニンを増やす作用のあるものが主流です。


つまり、この呼吸法を実践すると、うつ病の薬を飲むことと同じ効果があり且つ気持ちも高まるというわけです。


お釈迦様は自らの体験を通して、どこまで気づいていたのでしょうか??


さらに効果を高めたい方は、みずおちのあたりを屈曲させてやや前傾姿勢で行うと良いでしょう。


腹式呼吸で横隔膜をフルに使い、腹腔の内圧を高めることによって、みずおちの真後ろにある腹腔神経叢が刺激されます。


それは、すべての内臓機能の活性化=自律神経の調整につながるのです。


正座もしくは椅子に、心を落ち着けて座り、暇を見つけては行うよう心掛けてみてください。


» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

心理的逆転

アレ!何かとんちんかん!と思ったら。思わなくても...

あなたは、以下の様な経験はありますか?


理由はわからないものの...


「何やってんだ俺!」「どうしたのかしら?私ったら」時折あると思います。


少し深刻で、普段の自分とは全く違い、やたら否定的な行動をとったり自分を非難したり、自己破壊的行動をとったりする場合。


このような場合、心理的逆転が体の中で起こっている可能性が考えられます。


ひとの体では様々なものが循環してます。循環というからには、出て行ったものが、スムーズに流れてかえって来る事をいいます。


どうも東洋医学の経絡組織中で極性の逆転が起きていることに関連しているようです。


その人内部の、気=エネルギーの流れが反対になったり、ブロックされたりすることがあります。

科学的ではありませんが研究は進んでおり、私自身の成果もあります。


先に記した「アレ?!」は、心理的逆転が起こっている徴候と考えて良いと思います。


心理的逆転は誰にでも起きる状態です。

私は、患者さんを施術していて「あれ?」と思うことがしばしば見られます。


思うほど経過がよくならない場合や治癒が起こらない時です。


心理的逆転の状態は、最も回復の障害になっていると思われ、治癒を妨げ、施術効果を抑止してしまうのです。


私は施術前に、その状態のあるなしにかかわらず、心理的逆転の修正を行っています。

簡単に治すことができ、やり方も簡単!修正効果が現れるまで数秒とかからないので、症状の改善に大きく貢献しています。


「な†んだ」と思うほどお手軽で、いつでもどこでも行えます。

ご自身で、自分を邪魔しているものを取り除いてしまいませんか?


ポイントは写真の通りです。強すぎず弱すぎず、まさに心地よく「トントン」といった具合です。

回数は5†15回で十分です。集中と意識を忘れずに!


[画像]


» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

「トントン」胸腺たたいてパワーUP!!

この胸腺たたきという自律神経調整法は、私にとって一番古く歴史のあるものです。


院長プロフィールのところで紹介しましたが、私は小学3年の時野球を始めました。

そのチームに、整骨院をやりながらトレーナーをしていた先生(現・師匠)から、高校1年の時教えていただいたものです。


「さとう君、バッターボックスに入る前ドキドキ緊張したら」

「ここを、トントンとたたくといいよ!」と。


素直な私は、当時何もわからぬまま何かあるたびに、せっせと叩いていました。

何か心が落ち着くのをおぼえ、以来叩き続けています。


さすがに今は、この仕事をしてますから、しっかり意味を調べた上で胸腺たたきを行っていますので効果は倍増です!

おかげさまで、数々の困難や緊張、プレッシャーを乗り越えられてきたように感じます。


それでは紹介します。


胸腺は、胸骨の後ろ、左右鎖骨と交わるあたりの心臓の前上方に位置する、この葉のような形をした左右一対の器官です。


全身のリンパ性組織に先駆けて発生し、免疫担当能力のある胸腺由来リンパ球(T-リンパ球)をつくり、全身のリンパ組織に分配する人間の免疫力の総司令部ともいえる部分です。


胸腺(Thymus)という言葉の語源は、ギリシャ語の「生命力」という意味のThymosです。

胸腺は、「生命エネルギーの中枢」と言えるのです。


リンパ球による免疫で、最も重要な免疫系はT細胞性免疫と言われるものです。


リンパ球の内の、細胞性免疫といわれるTリンパ球の免疫中枢である胸腺は、活性化していると免疫が上がる大切な場所です。


この組織は子供の時に大きく加齢とともに萎縮していき、高齢になると免疫系の能力が低下し、風邪をひきやすい、疲れやすい、ガンが起こりやすいといった体力の低下につながっています。


そして、T細胞の教育機関・成長期間としての役割が胸腺にはあるのです。


この場所は、何歳になっても教育機関としての働きを持っており、T細胞を教育し続け、教育量が多いほど免疫系が高いと言えます。


また、胸腺は、精神と身体を結ぶ場所として、感情やストレスによって影響を受ける最初の器官なのです。


常に体内のエネルギ-「気」の流れを監視・調整しており、アンバランスになると胸腺がその修正をまず行うのです。


胸腺は、生命エネルギ-が宿る場所ではありますが、ストレスにさらされ続けると疲弊し、胸腺が急速に萎縮してしまう現象が起きてしまいます。


ですから、いかに生涯を通じて胸腺の活動を促進させ活発に機能させるかなのです。


ストレスを受ける前に強くしておく、ストレスを受けマイナスに転じたら早めにゼロに戻してあげることが大切です。


たたく箇所は下の写真のとおりです。

通常の呼吸に合わせ、吐くときに「トン」とたたきます。


息を吸っているあいだは、そのまま拳は密着させたまま、たたくときだけ拳を体から離します。

叩く強さは、その振動が心地よく心臓に届く感じです。


強すぎても弱すぎてもいけません。

回数は15回です。


それ以上は刺激過多です。


最後に一番の肝心は、良いイメージを持ちながらたたくということです。

腰痛を患っていたら、まずそれを受け入れ良くなったことを思いながら。


これから打席に向かう場合は、「打つぞ!」ではなくヒットを打ったあとのことを考えれば良いと思います。


あなたは、いつも胸腺と一緒です。大切にしてあげると、胸腺はいつもあなたの味方なのです!!


[画像]


» 施術の流れ

» ご予約・料金・地図


↑ このページのトップへ戻る

睡眠

睡眠中は副交感神経優位の状態です。


交感神経緊張状態が持続しているとなかなか眠れません。

交感神経優位の方は、睡眠時間が短い傾向にあります。


理想的には8時間程度はとりたいものです。


できれば、9時くらいに寝て、朝5時くらいに起きることをお勧めします。

しかし、睡眠を十分にとるために薬を服用するのは勧められません。


睡眠薬の常用は、かえって自律神経のバランスを交感神経優位にします。

布団を暖かくしたり、湯たんぽを使ったりして体を温めてください。


布団に入って、眠くなるような難しい本を読むのもお勧めです。


人間は、睡眠中の副交感神経優位の状態の時に病気が回復していることを忘れずに。


※睡眠に関しは「睡眠不足と自律神経」「「熟睡」と「寝返り」と「枕」」のページにまとめていますので是非ご覧ください。


» 当院が行う自律心体療法に続く


[画像] [リンク]

[画像] [リンク]


» 施術の流れ

» ご予約・地図・料金


↑ このページのトップへ戻る

トップページ(新宿区の整体院からあなたへ) > 患者さんの行う自律心体療法




問合せ・ご予約はコチラ





新宿区にある、自律心体療法・光療法・活性酸素除去療法を専門とした整体院 | 都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩3分。魁(かい)整体施術院

魁整体施術院