魁整体施術院

for mobile

光療法と生体リズム

光療法と生体リズム

2500ルクス以上の明るい光を浴びることで2つの効果が得られます。効果を十分あげるために、実際には5,000~10,000ルクスの照度で実施します。


1.体内時計のリセット

起床時のなるべく早い時間に光を浴びることで、脳を睡眠から覚醒状態に切り替え、1日の開始点を設定します。これにより、25時間周期の人間の生活リズムをリセットして24時間周期に維持できます。

リセットすることで

など、朝型の気持ちのよい生活習慣が得られます。


[画像]


生体リズムの良い人と悪い人では、朝の覚醒の始まり方が違います。図が示すとおり、良い人は睡眠から覚醒へ一気に移り変わりますが、悪い人は比較的ゆっくり移行し覚醒の盛り上がり感に欠けます。そして目覚めの悪さが午前中のだらだら感につながります。


2.昼と夜のメリハリ

更に所定時間の光を浴びることにより昼間の覚醒度合いを上げ、逆に夜の深い睡眠を誘います。

これによって、


[画像]


生体リズムの悪い人は覚醒度合いが弱いため、昼間の眠くなる時間帯には活動が鈍くなったり、居眠りをしてしまいがちです。そして夜になると調子が良くなる方が多く見られます。それに対して、更に光を十分浴びた人は、覚醒した後に更に度合を強め、午後しっかりと活動できています。


2つの効果で

この2つの効果によって、人間の生体リズムを整え、悪いリズムから良いリズムに移行させて、深い眠りを得やすくします。


[画像]


» 起床が睡眠を決める!に続く




問合せ・ご予約はコチラ





新宿区にある、自律神経失調症の整体・光療法・活性酸素除去療法を専門とした整体院 | 都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩3分。魁(かい)整体施術院

魁整体施術院