「集中力」は緊張ではなくリラックス! | 東西線「神楽坂」2番出口より徒歩4分。魁整体施術院

新宿区南山伏町1-18 ハイホーム市ヶ谷206 Tel.03-5579-8846

tel:03-5579-8846

「集中力」は緊張ではなくリラックス!

ひとは「目標」を見失うと、心と体のバランスを崩すことで、うつや自律神経失調症になることがあります。
その「目標」を見定めておく為には、大切かつ重要なポイントがあるのです。
それは「集中力」。
現在地点の確認、そして向かうべき目標地点。無事に到着するには集中力が大切ですね。
 「集中力は、心身共にリラックスしている時に威力を発揮します。」
なんとなく、力む・緊張・気合・一直線といったイメージがあります。しかし、これではストレスやプレッシャーをやんわり吸収するどころか、ぶつかり合うもしくは押し負けてしまうのです。
現に、うつ状態や自律神経失調症によって、不定愁訴に悩まれている方の多くが「体に力が入りやすい」特徴を持っているのです。
 ある事柄について頑張る際、それ以上に筋肉を強く緊張させて頑張っています。この状態は、気負っている証拠です。気が負けています。気はへその下あたりに据わっているのが、リラックス状態です。しかし、多くは背中・首が硬くなっているので、気はそこに集中しているため、上ずっていることになります。
 頑張ること=体に力を入れる、ではありませんので理解してください。
無意識にそうなってしまう方は、本当のリラックスを体得する必要があります。そうすれば、自然と体に力が入りにくくなるというものです。
 私がお勧めするものは、どれも実証済みでシンプル・簡単です!ストレスの前後に行っていただきたいものです。
 それは「手をブラブラさせる」、それだけです。
ポイントはありますので解説します。
一、歩幅は肩幅程度
二、姿勢確認~肩を上下運動してみて、違和感なければ良い姿勢です
三、かかとを少し浮かせる
四、ダランと垂れ下がった腕の、肘を少し曲げて、手首を振る態勢が整いました
五、全身で少し早めに手首を振る~すると、合わせてつま先も上下運動をします
六、体温計の水銀を下げる時に行う手首の動きもありです
七、所要時間は1、2分程度で十分です
 体得できれば一生の宝です!

≪ 自律神経バランスが良くない方の腹式呼吸 | 患者さんの行う自律神経失調症の対策一覧

活性酸素除去 エアナジー



↑ このページのトップへ戻る

トップページ(新宿区の整体院からあなたへ)  > 患者さんの行う自律神経失調症の対策 > 「集中力」は緊張ではなくリラックス!

*

今なら「ホームページを見た!」で初診料が無料!

院長プロフィール

活性酸素除去 エアナジー

メディア掲載情報

診療時間

午前9:00から午後7:10 ※土・日・祝祭日も診療します。

» ご予約・地図・料金

お問合せ

03-5579-8846

※院内は1人のため通常は留守番電話にしていますが、こちらで出られる際には3コール以内」を心掛けています。そのまま用件を録音して頂くか、着信履歴からの折り返しで宜しければ2コール以内」でお切りください。

QRコード

↑ PAGE TOP