魁整体施術院

for mobile

「肩こり・腰痛」改善の根本

「肩こり・腰痛」改善の根本

「肩こり・腰痛」改善の根本は、体のライフラインである自律神経を正すことです。


アルコールで肝臓を痛めた場合、治療や薬の服用をされるかと思いますが、陰でこっそりお酒を飲んでいたらどうでしょう?治らないですよね。


この場合、治療や薬も大事ですが、一番はアルコールをやめる事。

これが良くなるための根本です。


慢性の「肩こり・腰痛」は自律神経の乱れが関係

あなたの治りづらい慢性の「肩こり」「腰痛」は、自律神経の乱れが関係しているかもしれません。


自律神経には交感神経と副交感神経があり、バランスをとることで「生きる」ことが成り立っています。

交感神経は緊張・頑張るモード、でリラックス・体を修復するモードが副交感神経の役割になります。


あなたの体は、本当は休まなくてはいけないのですが、無理して頑張りすぎると交感神経が働きすぎてしまい、あなたの脳と体はいつも緊張状態になってしまいます。


すると当然、体を修復する神経である副交感神経は働くことが出来ないため、肩こりや腰痛がいつまでも治らなかったり、治ってもすぐにぶり返してしまうことが続くのです。


あなたのつらい肩こりや腰痛はこんな感じかと思います。


「なんか痛いな~、痛だるいな~、重だるいな~」という鈍痛で、「ズーン・ビィーン・ギューッ・ギュ~ン」といった感覚でしょう。


これらは、手でさすったり、トントン叩いたり、お風呂に入ることで、一時的に楽になった経験をされているかと思います。


「肩こり・腰痛」における痛みの原因

筋肉・神経は酸素欠乏状態ですと痛みやシビレを引き起こします。


つまり、痛みの直接的原因は、血流不足によって起こる酸素欠乏なのです。


ではなぜ酸欠になるのでしょう?

それは酸素を運んでいる血液の流れが悪いからです。


緊張・頑張るモードの交感神経は血管を細くする働きがあるために結果、痛むのです。

これを無酸素性疼痛といいます。


さらに良くないことは、その痛みは脳にストレスを与えます。

脳はストレスを感じると、さらに交感神経を働かせます。


交感神経はまた血管を細くして血流がさらに悪くなります。


こうして筋肉・神経がさらに酸欠になり痛むという悪循環となってしまうのです。


蛇口から水を出すためには捻ったり、直したり、交換したりするかと思います。


しかし、ダムに水が全くなかったらどうでしょう?

蛇口からは水が出てきませんね!


一番の大事はダムに水があることです。

これが根本です!


自律神経の乱れを整体で整える

痛みの悪循環を蛇口とダムで例えましたが

あなたのツライ肩こり・腰痛は、「そこ」だけでは事足りません。


自律神経は全身の血液量を調節しているので、自律神経の乱れを整体により整えることで、痛みの負の連鎖を断ち切ることが必要なのです。


慢性の肩こり・腰痛は、あくまで慢性であり不治の病ではありません。


「治るものなのです!」ただほんの少しの本気と一歩を踏み出す勇気は必要です。


あなたは、笑顔でみんなを幸せにしたいと思いませんか?

みんなも待ってると思いますよ!


» 「肩こり・腰痛」に自律神経調整が必要な理由


関連ページ





問合せ・ご予約はコチラ





新宿区にある、自律神経失調症の整体・光療法・活性酸素除去療法を専門とした整体院 | 都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩3分。魁(かい)整体施術院

魁整体施術院