魁整体施術院

for mobile

頭蓋骨と頚(くび)

ビックリおどろいた時に体が固まるのと同じように、頭蓋骨も動かなくなります


頭蓋骨は脳と脳神経を保護しています。

頭の骨は1つの骨と思っている方も多いと思いますが、実は15種類23個の骨で成り立っています。


その骨と骨の継ぎ目が一般に知られている頭蓋骨のギザギザ模様です。


この部分を医学用語で「縫合」と呼んでいますが、大変複雑に入り組んでいます。

この縫合はなぜ存在するのかというと、頭蓋骨が少しではあるけれど動くようにできている証拠なのです。


ちょうど橋げたやレールの継ぎ目などのようなものです。


頭蓋骨は脳を保護するとともに、僅かな脳の動きや脳脊髄液の波動を許容しているのです。


ところが、この脳の動きを許容するはずの縫合が、無理な力や緊張といったストレスで動かなくなると、脳を圧迫することになり、その中にある脳や脳脊髄液の波動に多少の障害が起きてきます。


脳は全身をコントロールする中枢ですから、その動きがうまくいかない部分の支配域に相当する体の部分に機能障害が起こってきます。


頚の筋肉の異常(首こり)が、めまい等の自律神経失調症状やうつ状態を引き起こす


頚は頭を支える重要な部分であり、たくさんの大切な神経が縦横無尽に張り巡らされています。


そのため頚の上半分(上頚部)は、「脳の一部」と考えてもいいくらいであり、脳と全身の橋渡しをする重要な繋ぎ目になっています。


特に頚の筋肉が凝ってしまうと、その筋肉の周辺の神経に影響を与え、いろいろな症状が出現してしまいます。


上頚部を診るときは、後頭骨・頚椎1・2・3番とその筋肉を1つのユニットとして診なければなりません。


上頚部では、頭の皮膚へいく神経も通っていて、頚椎1・2番がズレたり頭半棘筋の状態が悪くなると、頭の大後頭神経を刺激して緊張性頭痛が起きます。


また上頚部がズレると椎骨の中の動脈の流れを悪くして、脳の貧血を起こしたり脊髄を刺激して全身の症状とか、体のどこかに痛みや不都合が生じてもおかしくありません。


例えば、頚椎1番の変位で痔が悪くなったり便秘をしたり、腰痛が起きたり、手がしびれたり、心臓の動悸が起きたり、全身の倦怠感が起きたりします。


また、精神的ストレスのかかる所でもあります。

何か心配事がある時、顔がこわばるように「首の筋肉も緊張」しているのです。


あまり緊張が続いたりすると吐き気やめまいが起こったりしますが、それは頚が緊張するために頭にいく血液の量が足りなくなったり、延髄を刺激するからです。


延髄から起こる太い神経で迷走神経というのがあります。

この神経は副交感神経からなり、頚・胸・腹部(骨盤を除く)の全内臓に分布し、頚を通過するため頚の異常緊張は内臓の問題も引き起こしてしまうのです。


頭部と腹部と頚部は、感情的・精神的問題にも深くつながっています



●メニュー



新宿区にある、自律神経失調症の整体・光療法・活性酸素除去療法を専門とした整体院 | 都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩3分。魁(かい)整体施術院

魁整体施術院